近年の研究テーマ

骨代謝・リモデリングにおけるin silico実験系の確立
宮 雄貴

細胞活動から生じる組織形態形成の連続体力学研究
竹田 宏典

力学的負荷に起因する骨細胞のアポトーシスの機構解明
仲尾 信彦

メッシュ構造基盤を用いたマウスES細胞の自己組織化誘導
安藤 悠太

力学刺激による骨細胞の一酸化窒素産生を介したアポトーシス
森 泉

骨髄中物質拡散を考慮した皮質骨・海綿骨リモデリング則の統合
坂野 暢昭

骨リモデリング数理モデルの生物学的構築と理論的評価
金 英寛

細胞間メカノトランスダクションを担う分子動態のAFMイメージング
広橋 佑紀

骨細管内の間質液流れが細胞間シグナル伝達に与える影響
三輪 将也

AFMを用いたメカノセンサ分子のナノフィッシング
牧 功一郎
Archives
これ以前の研究はこちらをご覧下さい.


(c) 2011-2017 Department of Biosystems Science, Institute for Frontier Life and Medical Sciences, Kyoto University